アロマオイル 3 | feliceフェリーチェ 
avatar image

アロマオイル 3

今日は4種類 ユーカリプタス・スペアミント・ゼラニウム・イランイランをご紹介します。

ユーカリプタス
・頭をすっきりとさせ集中力を高める。心を落ち着かせて気持ちを安定させる。 ・風邪を引いたときの喉の痛みや 咳、鼻つまり、喉の炎症に効果あり。 ・ニキビ、吹き出物、虫さされ、 白癬等の肌のトラブルにも良い。 ・消毒作用と抗炎作用。 ・興奮した気持ちを抑え精神を集中させる。 ・眠気を防ぐので車に常備しておくのも良い。 ・花粉症にも有効 ・虫さされや発疹に効果あり
●高血圧の人やてんかん、妊娠中の人の人は使用しない。
【主な用途】
風邪、インフルエンザ、気管支炎、副鼻腔炎、リウマチ、膀胱炎、感染症、虫除け

スペアミント
・胃をリラックスさせ、吐き気を鎮める。 ・健康回復作用
・ペパーミントよりマイルド ・心も体もすっきりさせてくれ、お風呂に入れるとリフレッシュ効果がある。 ・お湯に垂らして洗顔すれば地肌の活性効果もある。 ・皮膚柔軟効果と引き締め効果がある。 ・ぜんそく、気管支炎、神経痛、風邪や風邪から来る頭痛、扁桃腺等にも効果あり。 ・虫除け
●敏感肌と妊娠中の使用を避ける大量に使わないこと。
【主な用途】
健康回復、収斂、柔軟効果、咳止め

ゼラニウム
・薬用ハーブとして長い歴史があ り精神と身体のバランスをとってくれるのでストレス解消や抗うつ作用がある。 ・気分を明るくしてやる気を取り戻す。心を明るく高揚させ不安やストレスを緩和。 ・肌の収斂効果があり皮膚のバランスを整える。乾燥肌、脂性肌にも使える。 ・ホルモンの働きを調整、生理痛、生理不順、更年期障害の改善。利尿作用、解毒作用、むくみ等の予防と効果。 ・殺菌作用のためニキビにも有効 ・湿疹やヤケド、しもやけにも有効
●敏感肌には多量使わない。
妊娠中の使用は避ける。
【主な用途】
ニキビ・乾燥肌・炎症肌・不安・のぼせ・動悸・下痢

イランイラン
・感情の高揚や精神疲労を鎮め、明るい気持ちになる。 ・不安、怒り、恐怖感、気持ちの落込みなどを抑え、心を安定させ、緊張をほぐし、リラックスさせる。 ・ストレスを押さえ感情等をコントロールする。 ・高血圧の治療と脈拍及び過呼吸、動悸を抑える。 ・興奮したときの高くなった血圧を抑える。 ・ホルモンのバランスを整える。 ・生殖に関する機能に良い。 ・殺菌消毒効果。乾燥肌、脂性肌にも良い ・乾燥肌及び脂性肌に有効。 ・ニキビ、肌のトラブルを防ぐ。
●過度の使用を避ける。敏感肌、妊娠初 期の使用を避ける。
毒性、刺激性なし、長期使用による感作性なし。
【主な用途】
高血圧・不安・ 催淫

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback