アロマテラピー | feliceフェリーチェ 
avatar image

アロマテラピー

アロマテラピーの作用には

・心に対する働き(自律神経のコントロール、多幸感や情緒の安定、心地よく気持ちが安らぐなど)

・体に対する働き(血液やリンパ液の流れを促す、筋肉の緊張を和らげ痛みの軽減、体の各器官の働きを向上など)

・皮膚に対する働き(新陳代謝の活性化、肌の調子を整えるなど)

があり、心と体に同時に働きかけます。
そして、精油のもつ肌への美容効果も期待できます。

アロマテラピーでのトリートメントを行うことにより
精油成分を体内に取り入れ、心身の健康維持に役立ちます。

精油成分は分子量が小さいので、容易に皮膚の内部に溶け込むように浸透します。
皮膚の真皮層にある毛細血管やリンパ管を通じて体内に入り、全身へ運ばれ組織や器官に働きかけます。

そして、呼吸器へ空気と一緒に取り込まれた精油成分は一部は鼻・気管・気管支・肺の粘膜から毛細血管を通じて血管に入り全身に運ばれます。

また、精油の香りが脳を刺激し記憶・情緒・本能行動などへ影響を与えホルモン分泌・内臓の働き・精神の安定などをはかります。

アロマオイルをブレンドすることで単品でのアロマオイルに比べて相乗効果が期待でき、香りに柔らかさや深みが生まれ心や体に働きかけます。

当店では9つのアロマコースをご用意しております。
心に作用するもの、お体に作用するもの、お肌に作用するものとお好みのアロマブレンドを使ってボディをマッサージします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback