ある冬至の会話 | feliceフェリーチェ 
avatar image

ある冬至の会話

冬至と言えば柚子湯ですね~!

それが元の…ある年の冬至の夜の会話。

ばば:今日は冬至だからお風呂にすだちをいれたから

孫:え!!!すだちいれたの?!

ばば:すだち、いれたよ

孫:なんで?!すだちいれたの?!大丈夫?!

ばば:大丈夫よ~

孫:洗ってるの?

ばば:洗って入れてるよ

孫:え!!!洗ったの!お風呂に入れてる???風呂の中にすだちいれたの?!お湯にいれたの?!

ばば:そうよ、すだちが入ってる

孫:なんで~!すだちいれたの?!沈んでるの?割れないの?!

ばば:冬至だからよ。すだち浮いてるよ。割れないよ。

孫:すだちが割れるかもしれないじゃない!

孫は慌ててお風呂へ!
浴槽のフタを開けると酢橘(柑橘類のスダチ)が浮いている。

孫が思ったすだちの正体は…



これですε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

この木彫りがお風呂にプカプカ浮いていると思ったらしい♪

かみ合っているようで、かみ合わない会話。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback