リフレクソロジー(足つぼ) | feliceフェリーチェ 
avatar image

リフレクソロジー(足つぼ)

  ~~リフレクソロジー~~

足の裏には内臓の反射区(ツボ)がそこを刺激することによって各器官の活性化を高め、血流の改善により新陳代謝も高まり体にたまった毒素を出す効果があります。

リフレクソロジーは反射区を刺激し、日頃の疲れやストレス解消からあなたの体をリフレッシュし、本来の健康を取り戻すお手伝いを致します。第2の心臓と呼ばれる足裏のツボを刺激することでリラクゼーション効果を高め、弱っている個所をほぐすため、
施術後の変化に気付かれるはずです。

リフレクソロジーの効果
足つぼ刺激にはさまざまな効果があります。
●足裏には各内臓・器官に直結する反射区(つぼ)があり、これらの反射区を刺激することにより、弱ったそれらの器官を正常に戻していく効果がある。
●自律神経の調整に効果的。
●自然治癒力・免疫力を高めることに効果的。
●むくみがちな足・脚をすっきりさせる。
●全身の血流をよくし、冷え性対策ができる。

リフレクソロジーは、「Reflex(反射)」+「-logy(学問)」→「反射学」という意味を持っています。
足裏などにある身体全体の臓器や器官の「反射ゾーン」を刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が持っている自然治癒力を本来の状態に戻すという考えを基本としております。

心臓から送り出された血液は、からだ全体に行き渡る過程で全身の細胞や組織に酸素や栄養分を与え、体内の老廃物などを受け取って再び心臓へ戻ります。このとき、からだの末端部分にある足は、心臓へ血液を送り返すためのポンプの働きをしていることになります。「足は第2の心臓」と呼ばれるのはこの理由からです。
リフレクソロジーは「第2の心臓」に直接働きかけることによって、血流を本来の状態に戻そうという技術なのです。
また、欧米では、リフレクソロジーがターミナルケア(末期看護)として導入されており、リフレクソロジーが身体のみならず、心にも働きかける力を持っているということが広く認められています。

人それぞれに痛みの感じ方も違いますが、特に痛みを強く感じる反射区(ツボ)は調子が悪いところで、体の不調の箇所を見つけることもできます。
痛みを「効いている証拠」だからと我慢していては、毛細血管や筋肉、リンパなどにダメージやストレスを与えてしまいます。
痛いから効くわけではありません!決して痛みを我慢しないで下さい。心地よいと思う刺激でリラックスして施術を受けていただきたいと思います。


刺激して痛みが強い時には、刺激を調節致しますので安心して施術を受けて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback