『思いが現実を創る』とは | feliceフェリーチェ 
avatar image

『思いが現実を創る』とは

pic_g017.jpg 
『思いが現実を創る』というけれど「思った通りにならない」と感じていませんか?

お金がたくさんあったらいいのに、収入が増えない
人間関係が楽しくありたいのに、スムーズではない
良いことが続くといいのに、嫌なことばかり・・・など
「なぜ、こんな目に遭わなければならないの」自分が望んでいない現実を突きつけらることの方が多いのでは・・・

みなさまのその「なぜ、どうして」を探してみましょう。

たとえば想いと現実が食い違う時、はじめは相手や世間に、次は自分自身に「なぜ、どうして」を問い続けます。
わたしの中でずっとその問題は、忘れたフリをしても私たちの心にささった小さなとげのようにずっと痛みます。
解ってもらいたくて、良い現実を過ごしたくて頑張るのに、そのうち問題を抱えていること自体が苦しくなっていきます。

問題を理解できないことに「こだわって」いるのは、ゆるせない状況を握りしめているのは「私」なのです。
私たちが苦しいと感じるのは「ゆるせないこと」に対して「こだわって」いるときだからです。
そんなときこそ思い切って「これからは目の前に起きることを受け入れてみよう」と受け入れること、ゆるすことをしていくのです。

こだわっているときは「なぜこんな目に遭うのか」と考えますが、「なぜ」の答えさえ手に入れたら苦しみからすぐに自由になれるとは限りません。
苦しみの本質は「ゆるせない」「みとめられない」という事柄にあるのではなく、「ゆるせない」「みとめられない」自分自身の思いそのものにあるからです。
これですべての問題が解決されるわけではありませんが、自分のなかにずっとささっていたとげが抜けて問題を苦しいやつらいと思うことが少なくなります。

大切なのは「問題と思うことを問題と思わない」ということです。
これはなんでもかんでも「いいことだ!」と考えようという「ポジティブシンキング」とは少し違うのです。
「良い」も「悪い」もなく、そこには「判断」をしません。そうジャッジしないということなのです。
「そんなこともあるのね」という程度の受け入れなのです。
わたしたちは、あらゆる情報の中から自分にとって必要な情報を取捨選択して「自分の現実」を創っているいるのですから。
自分の価値観が変わると、見える世界が変わります。
どっちが「良い」「悪い」ではなく、自分が好きなよう思うようにに現実をみるからです。

「こだわらない」選択をはじめたら、見える世界が変わり始めます。
『思いが現実を創る』というのは、このようにして出来ていくのだと思います。

フェリーチェでは、「これからの人生を楽しく豊かに過ごすために」「なりたい自分へと変化したい方」へ望む現実を引き寄せることを現実化していく講座をしています。

【楽しく豊かに望む現実を創る】
全12時間(3時間×4回)スカイプ受講可能です
68,000円

興味のある方はフェリーチェホームページの講座をご覧下さい。

【フェリーチェ】 
ボディとメンタルの両方をケア『心と体を本来の自分へ』がコンセプトのサロン
☆心と身体をきれいで健康にするお手伝いをいたします♪
広島県福山市南蔵王町6-7-16
TEL:080-4260-4920 
felice-mc24@docomo.ne.jp
※メールでのご予約のほうがスムーズです。
お名前・ご予約日時・お問合せ内容、ご予約内容などを明記して下さい。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback