リンパマッサージ4 ストレス対策 | feliceフェリーチェ 
avatar image

リンパマッサージ4 ストレス対策

ストレスがたまってくると自律神経が緊張して血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。
血のめぐりが悪くなり、肩こりや首こりの原因になったり、体調をくずしたりします。

過度のストレスは自律神経を悪くし、めまいや睡眠障害につながり余計にストレスが溜まって行くという悪循環になります。
ストレスが続くと副腎からステロイドが分泌し、精神的な緊張をやわらげてくれるのですがリンパ球の活動を低下させてしまうのです。

ストレス解消法のひとつとしてとしてリンパマッサージが取り上げられています。

その理由のひとつは、「緊張や凝りがほぐれ気持ちが良い」と感じるからです。
気持ちが良いと人は『良好な状態の脳波』となり、自律神経の回復が期待できます。

また血流とリンパの流れを良くすることで、内臓の働きも活発になります。
リンパマッサージでリンパの流れを改善することにより全身の循環が良くなり、交感神経と副交感神経のバランスを正常にするのに大変有効です。

リンパは静脈の働きを助け、全身の老廃物や余計な水分を排出させるシステムなので、リンパマッサージを行う事でその排出のシステムが活性化され、血液循環全体が改善されていきます。
そうすれば緊張していた筋肉は徐々にほぐれて、本来の状態を取り戻していきます。

リラックスした身体では自ら治す力『自然治癒力』が高まり、自然に癒されていくのです。そうした身体本来の力を取戻すために、定期的にメンテナンスとしてリンパマッサージを受けることをおすすめします。

リンパマッサージでストレスに負けない心と身体を手に入れましょう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback