低気圧と体調 | feliceフェリーチェ 
avatar image

低気圧と体調

雨の日や台風が来ると、「頭が痛い」「肩こりがつらい」「体がだるい」など、体調不良になる方が多いのではないでしょうか?

なぜ雨の日や台風が来ると体調が崩れるのでしょうか?

気圧が低下すると身体にかかる圧力が低下します。
体が大気を押し返す力が優勢になるため細胞や血管が膨張ぎみになり、頭痛の原因や血行不良を引き起こし浮腫みやすくなります。

また気圧が下がり天気が不安定になると「副交感神経」が優勢になります。 
ところが、気圧が低下すると「ヒスタミン」という物質が体内に増え(アレルギーや炎症を起こす物質です)神経伝達物質として「交感神経」を刺激します。
交感神経(緊張させる神経)と副交感神経(リラックスさせる神経)の両方を刺激するので自律神経のアンバランスが生じます。
そして、気温の差に対し自律神経は敏感に反応します。 
寒暖の差に自律神経が順応できないと、偏頭痛、血圧の異常、睡眠障害、動悸、イライラ、手足のほてりやのぼせ、めまい、午後の微熱などの症状が起き易くなるのです。

雨の日や台風の日は、出来るだけリラックスをしてゆったりのんびりと過ごして下さいね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback