夏の疲れを持ち越さない! | feliceフェリーチェ 
avatar image

夏の疲れを持ち越さない!

最近、朝晩涼しさを感じ秋の気配を感じますね。
涼しく感じ始めると夏の疲れで初秋に体調の崩れや疲れ、だるさなどの症状が出てきます。

疲れやすい原因
★ビタミン不足
炭水化物(糖質)を燃焼させてエネルギー源として使われないとだるさや疲労感が生じます。
疲労物質である乳酸が体内に蓄積されるとこちらも疲れやすくなります。
栄養素としてエネルギー代謝が行われる際には ビタミンB1、ビオチン、ナイアシンなどのビタミンB群が必要となりますし、乳酸を分解して処理してくれるのがビタミンB1や ビタミンCです。
また免疫力を高める乳酸菌もおすすめです。
サプリメントなど、食品と上手に組み合わせてとりましょう。

★精神疲労・ストレス
ストレスは 精神疲労や倦怠感の大きな原因と考えられています。
精神疲労を感じたときはイライラを抑制、リラックス効果をもたらすギャバ(発芽玄米、大豆など)やカルシウムを取るのが効果的。
神経疲労時はうつむきがちになり、呼吸が浅くなるため体内の酸素も不足します。
深呼吸して酸素を補給すれば、代謝も上がり疲労感を生む老廃物の排泄も促進されます。

★睡眠不足
寝不足が続いて睡眠時間が不足すると疲労回復しにくいだけでなく、「太りやすくなる」とも言われています。
ふだんよりプラス1~2時間は早めに寝てしっかり眠ると、脳と身体がメンテナンスされて心身がすっきりとしてきます。

★鉄欠乏症貧血
貧血の人は体のだるさを感じることが多いもの。疲れやすく、すぐに頭痛や息切れがする、顔色が悪いなどの症状がある場合は貧血かもしれません。

夏の疲れを残さず元気に秋を迎えましょう!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback